thepowerofdreamのブログ

ジャニーズ/K-POP

ジャニーズJr.・髙橋海人

はじめに

語彙力も文才もブログを書いたこともない、更には担当歴約1年のドドドドド新規が書いた文章です。長いし読みづらいし、日本語がおかしいところが多々あると思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

序章

2013年夏、彗星の如くジュニア界に現れた1人の少年、その名は髙橋海人。

彼は入所してすぐセクゾのPV撮影現場に呼ばれ、少クラのコーナーにも呼ばれ、約3ヶ月後にはマイクを持ってセンターで1曲歌い踊りきっていました。その様子を見た当時のジュニア担はほとんどが「出たよ、またヒロムのオキニが」と心の声を唱えたはずです。

しかも、親に仕方なく入らされた彼は、もともとの性格もぐいぐい前に出るタイプではないしやる気も感じられない。いきなりゴリ押しされた故に、ジュニア担からの攻撃だけでなく他のジュニアたちにもキツい当たりをされたであろう、やつれて行く顔。さらには入所時からの武器であったダンスの実力を披露できる機会さえもない。そういった経緯からも、なかなか人気が出ず、ヒロムが東南アジアから拾ってきた子と言われる始末。

そんな海人にとって転機となった出来事は、当時関西ジャニーズJr.として圧倒的人気だったシンメ、しょおれんとともにドリボに出演したことであるのは間違いないのではないでしょうか。

しょおれんと活動していくようになり、同じ夢を持つ仲間と呼べる存在に出会えたことは、彼のジュニア人生にとって大きな糧となったと思います。現在、Mr.KINGの一員としてたくさんのファンがいて、立派にジャニーズ事務所のアイドルをやっていることがそれを証明しているような気がします。

では、なぜすでに多くの人に認められている海人の魅力を伝えるための文章を書こうという思いに至ったのか。答えはまさに「衝動」です。海人を見るたびに彼の才能を褒め称えたい衝動に駆られるので、こうして慣れないブログというツールを使った次第であります。

 

 

 

 

スペオキ

まず始めに記載しておくべきことがあります。私の思うスペオキとは、決してバカにするための言葉でもアンチ的な表現でもなく、むしろその逆で、最高のエンターテイナーであるジャニー氏(以下ヒロム)に認められたという証を表している、とても名誉のある呼称であると思っています。

数多くの男の子を見てきたヒロムの審美眼・人を見る目は一種の生まれながらに手にした才能であると思うし、あれだけの輝ける男の子を発掘し世に送り出してきたヒロムはもはや神。

 

突然ですがデビュー組の中からヒロムの歴代のスペオキを勝手に選抜してみました → ゴローちゃん、健くん、どつよ、ツバーサ、内くん、ヨコ、薮、優馬、勝利(cr:私)

多方面からの異論はあると思いますが、上記の選抜の基準は、ヒロム本人からの大きな干渉(デビューについて相談などをしている、高額なものを買い与えてもらっている等)があるかどうかを考慮しました。選抜メンバーを見ると、ヒロムのタイプは綺麗な・もしくは特徴的な歌声で、女の子のような可憐さを持ち、濃い目の顔で、かつ関西弁を話す男の子であると考えられます(cr:私)。このブログの主人公である海人も、声や顔はかなりヒロムの好みに近いと判断して良いのではないでしょうか?

加えて海人は、ダンスの実力、舞台上での華をも持ち合わせているので、エンターテイナーであるヒロムの目にはかなりの逸材として留まったと考えるのが妥当であります。海人のエリート出世やしょうれんと組んでからの特別処置(某やらせ決定戦ジャニーズJr.NO.1決定戦、テレ朝サポーター等)からも、海人はヒロムからの寵愛を受けていることが分かります。

また、雑誌のインタビューでの海人は次のようなニュアンスの発言をしていました。

「ドリボのときジャニーさんにあの2人どう?って聞かれて、楽しかった!って答えたらMr.KINGになってた」

これはもう、現在実質ジュニア内トップグループであるMr.KINGは、海人のヒロムへのたった一言の返答により作られたと言っても過言ではない!!!!断定!

かいと、君は立派なヒロムのスペオキだよ。

 

 

ダンス

海人のダンスはジュニアの中で一番上手い。これは海人担という贔屓目抜きでの客観的な評価だと思います。

いわゆるジャニーズダンスだと、海人のダンスの上手さは全くと言って良いほど発揮されないため、海人担以外が普段少クラを見ていても特別ダンスが上手いとは思わないかもしれません。しかし、ヒップホップを踊らせたらダンスに関してどんな素人でも、一目で海人のダンスレベルの格の違いが分かるはずです。

 

皆さんはアイソレーションというものをご存知でしょうか?アイソレとはダンサーにとって最も大切な基礎トレーニングです。これを継続的に欠かさず行うことで、ダンサーは首だけを左右前後に動かしたり、体をウエーブさせたり、胸や腰の可動域を広げることができるのです。

つまり、「アイソレをしっかりやっているか」はダンサーを評価する上でとても重要な要素となっています。そして、海人のダンスはアイソレをきちんと行っていることが素人目にもはっきりとわかります。他のジュニアと海人の違いが分かりやすい具体例として映像に残っている2曲を紹介したいと思います。

・Hey you!(ザ・少年倶楽部より)

セクゾのHey you!という曲ですが、ザ・ジャニーズアイドル感がすごくて個人的に大好きです。15年春頃に少クラで放送されたこの曲は当時コンサートのバックについてたジュニアたちも踊っていて、「なに気にしてんだよ」という歌詞の部分が首を動かす振り付けになっていました。この部分をよく見ていただけたら、海人と他のジュニアの動かし方の違いがはっきりと分かると思います。

・情熱の色(Mステより)

BTNやサイマジョ含めこの日のMステは後世に残したい。情熱の色の「Go and Do 闇くぐりぬけて」の部分、しょお・れんと海人を比べて見てください。胸の可動域が2人とは全然違うのが見て取れると思います。

 

次に海人は力の抜き加減が上手いという話をしたいと思います。海人に似ていると評判の藤井くんも雑誌のインタビューで「海人くんは力の抜き方が上手い!」みたいな話をしていたような気がします。その際藤井くんに対してだよね分かる〜と謎の馴れ馴れしさを醸し出した記憶があります。

ダンスを始めるときに言われるのが、「押されても動かないように力を入れて!」という類のアドバイスです。筋肉に力を入れて踊り、要所要所で止めることで、ダンスはより上手く見えるからです。しかし海人はもう力を入れるだけのダンスをしておらず、段階をひとつ超えて、力を抜くダンスをしています。的確な部分で力を抜くことで滑らかさや美しさをダンスにもたらすことができ、表現力も格段に上がります。

ダンス歴が長い海人は、他のジュニアはない「慣れ」や「経験」を持っています。この経験こそ、より良く魅せるためにはどこで力を抜けば良いかを海人に示してくれるものだと思います。

また、振り付け師に教わった振りのアレンジが上手いとしょおも言っていましたが、力を抜くというアレンジだけでなく、首をつけたり、ためたりするという工夫も、海人の多くの経験により成せる技だと思います。

少クラでクレアクのバックについた時の海人を見てみると、特にサビの部分はかなりためたり、力の入れ加減を考えて踊っていて、海人のダンスセンスの良さを痛感させられるので、お時間あればぜひご覧ください。

 

海人のダンスが技術的に見てもかなり上級者であることを知っていただけましたでしょうか?これから少クラなどを見る際は海人のダンスに注目してみても損はないはずです!

(ちなみにこんなに長々とダンスについて書いていますがわたしはダンス素人です。何か間違いがあればご指摘ください。)

 

 

海人は入所当時からある程度音程も取れていたしリズム感もあったと思います。

そんな海人にとって強い武器となっているのは間違いなく彼の独特の声質です。歌を歌う人にとって、声質は生まれながらにして天から授かった宝物です。歌が上手い人は世の中にごまんといるけど、美空ひばりやメイシーグレイの声なんかは一度聞いたら忘れませんよね。また、ジャニーズでいうと大野くんは大衆受けする聞きやすい声のため、嵐のユニゾンでも大活躍してますよね。

海人も、昔のハイトーンヴォイスや、変声期を迎えた現在のいわゆるファニーボイスは、歌声となると柔らかい高めの響きになり、とても良い味を出していると思います。

また13年少クラで全編英語のBGBを歌いきっていたときは地味に驚きました。耳が良いんですかね?当時弱冠14歳で踊りながら口を動かせるほどに覚えることができる耳の良さ、記憶力の良さも海人の才能ではないでしょうか。

 

このようにアイドルという歌い手にとって不足ないもの持って生まれた海人ですが、16年のドリボで紫吹さんに発声方法を教えてもらってから、私は彼の歌唱力は一皮剥けたように感じました。16年11月の少クラでTDBを歌う海人はそれまでの歌い方と違い、お腹から声を出して歌っているような気がします。

海人は歌の上手いNEWSの増田くんを尊敬して彼の歌い方を研究したりと努力もたくさんしているし、ジュニアとしていろいろなお仕事を経験していくうちにどんどん歌唱力が身についているので、これからたくさんの歌を消化していくうちに、彼の歌にはもっと深みが出てくるはずです。

常に向上していく海人の歌声をCDの音源で聞けるときを楽しみにしています✨(ちゃっかり)

 

 

表現力

海人は歌うことで感情を表現しているし、踊ることで感情を表現しているし、さらには表情からも感情が溢れ出ている。

私は今まで数多くのアイドルを見てきましたが、顔(造形の意味ではなく、表情や目ヂカラなどのことです)だけで感情を表現し人々を魅了し感動させることのできるアイドルは本当に少ないし、天才なんだなと思っています。また海人はステージの上に立ったら、ステージを降りるまで、感情の管理を怠らないのが凄いなと思いました。

「この曲はこういう感情でやろう」「ここではこういう表情をしよう」というようなことを自然と分かってしまうセンスが、海人は生まれたときから持っているんでしょうね…天才か

 

表現力があると思わせる要因は、表情の作り方やダンスの上手さ、視線の持って行き方など様々あると思いますが、一番の要因は海人の発する輝きではないでしょうか。

海人はキラキラしています。文字通り、舞台の上で、キラキラ輝いています。「華がある」と言い換えることもできると思いますが、海人のキラキラは、まるで少年から青年に移り変わるこの多感な時期に、たくさんの人の眼差しを浴びながらも、純粋さを失わず、ただただ舞台の上で表現することを楽しんでいる姿から生み出されるキラキラだと思っています。テニプリの言葉を借りるとまさに「天衣無縫の極み」(←わからない人はググってください)。海人が舞台の上で、まるで生まれたての子鹿が森の奥の泉で水浴びをしているのを見守る天使のような、純粋な楽しそうな顔をすると、見ている側まで幸せな気分してくれます。

また、海人は目が常に潤って輝いているので本体から発せられるキラキラも増しているように感じました。ルテインやビタミンAを摂取しただけでは決して成り得ない海人の目の輝きも、アイドルの才能としての一つと言えるだろうし、表現力を高めるのにひと役買っていると思います。

他担からも高い評価を受けたジャニワのミルキーウェイやJohnny's 5でのTDB、これらは海人の表現力の高さが見て取れる作品であることに違いありません。海人が舞台をこなしていくたびに伸びていく表現力と、成長の力に、彼の無限の可能性を感じられることは、ジャニヲタだけでなくアイドルが好きな人種にとってはたまらないことだと思います。

 

  

トーク

2013年、ほとんどのジュニア担がまだ海人の存在を知らなかった頃、少クラの「気になるトニトニ」というコーナーで海人が紹介されました。

実はその回の少クラの収録に、たまたま私は入っていたのです。

海人がまだバリバリの妖怪期(byしょお)で、海人が喋った瞬間私含め周りのヲタクはみんな、顔とのギャップにどよめいた後「かわいい〜」と零していました。

ちなみに私は少年収後すぐ海人のことを検索したし、当時表記が海斗になっていたから海人と海斗どっちが正しいの?!と困惑した記憶があります(笑)多分あの少年収に入ってたジュニア担の中には同じような経験をした人は少なからずいるのではないでしょうか?

また個人的な意見ですが、あのかわいい声と喋り方で、湘南育ちらしい言葉遣いをするのがたまりません!!!

ガムシャラの父の日回で、嫌いなシイタケを「くっせ」と一蹴していたり。

2016年2月少クラのトークで「気づけよぉ〜」としょおれんにつっこんでいたり。

(ちなみに「気づけよぉ〜」のときの少クラも収録に参加しましたが、海人が気づけよぉと言った瞬間NHKホール全体が沸きました。)

れんれんも考えないで話した方が面白いって言ってたし、これからも海人の発言に期待してます。

クレイジーかと思いきや意外と普通に面白いトーク術、濃くて成熟した見た目とふわふわした喋り方のギャップ、そして一度聞けば忘れられない特徴的な声!海人は踊りや歌だけじゃなく喋っても最高なんです!!!!

 

 

最後に 〜Mr.KINGとしての髙橋海人〜

昨年発売した写真集も好調の売り上げを見せ、ジュニア戦国時代の今、最もデビューに近いグループと言っても過言ではない、Mr.KING

3人でくくられ始めた当初から、しょおれんのなにきん・上京問題や、キンプリ内での人気差など、海人にとって辛いことがたくさんあったはずです。

にもかかわらず、ジュニアを辞めずに、むしろそういった様々な問題を黙らせるほどの人気と実力、グループとしてのまとまりを見せ、ここまで来てくれた海人。しょおとれん大好き!とたくさん言葉に出して言ってくれるその姿にほっこりしてるキング担は全キング担のうち9割くらいは占めてると思う。キング担以外でも、海人を生で見た人のほとんどが彼の実力を認め、「かいちゃんかわい〜♡」と手玉に取られる人続出。

 

毎年Myojoが主催している恋人にしたいジュニア(実質の人気投票)ランキングで強者いわちに次ぐ人気を誇り、少女漫画から抜け出してきたような容姿かつ性格もツンデレでぺろいれんれん。

いわち4連覇おめでとう!

器用ゆえに何でもすぐこなせてしまい、万人受けするビジュアルで実力・人気もあり、多くのジュニアを引き連れてセンターに立つ姿がふさわしいしょお。

そんなトップオブトップな2人の間に立てるのは海人だけだよ。かわいいかわいい、キングの末っ子・髙橋海人!

これからも海人が溢れ出す魅力でたくさんの人々を虜にしていく姿を見守れたらなと思います。

 

 

 

デビュー待ってる